• Home
  • Landscape 景観

Landscape 景観

TERAKOYAは眺望の良い南向きの斜面に建っています。この崖線は古代多摩川がその流れにより武蔵野大地を削って作り出した地形で、いつの頃からか「はけ」と呼ばれ、大岡昇平の小説「武蔵野夫人」の舞台にもなりました。眼下に日本庭園を配し、よく晴れた日には遠方に丹沢山系や遥か富士の姿も望めます。
  • テスト4
    レストラン全景を望む
    ヨーロッパのマノワール(領主の館)を思わせる白亜の邸宅、一部に昭和初期の木造洋館を残しています。
  • テスト3
    ゲート付近
    レストランのロゴが刻まれたゲートを入るとパーキングとなっており、大きなクスノキがみなさまをお迎えします。
  • テスト2
    レストラン夕景
    日が落ち、夕暮れになると、ダイニングに明かりが灯され、レストランはゲストのみなさまの笑顔に包まれます。
  • テスト1
    明るく開放的なダイニング
    南向きの高台に位置するTERAKOYAは暖かな自然光が差し込み、ガラス越しに庭園の豊かな緑が広がります。
  • リムジン
    ラグジュアリークラスの車両による、特別な送迎プランもございます。
  • ワインカーヴ
    敷地内にある地下ワインカーヴには5000本のワインが眠っています。
  • リムジン-2
    TERAKOYAでのお食事のひと時を旅に変える送迎プランです。
  • ポジ庭園
    客室からはさえぎるものの無い開放的な景観をお楽しみいただけます。